看護師から看護教員に転職する方法

現役の看護師から看護教員へ

uehufsf
 

看護師として働いている中で、
後輩看護師の育成などを任される立場になる
ということもありますよね。

すでに看護師として免許を持ち、
同じ職場になった同僚を育てることもいいけど、
これから看護師を目指す人を育てたい。

 

そのように考える人も出てきます。

ただ、看護師から看護教員になるためには
職探しをすればすぐにその職が見つかるというほど
簡単なものではありません。

 

未来の看護師を育てるには
今すでに看護師資格を持っている
新人看護師の教育以上に難しい面が沢山あります。

教える立場になるためにはいくつか
必要になることがあるんですよ。

 

高等学校の看護科の教員は教員免許が必要

 

高等学校の看護科の教員になるには
高等学校の教員免許が必要になります。

看護大学や看護大学院などを卒業していて
教員免許も持っているという人であれば、
すでにその資格はあります。

 

しかし、まだ教員免許を持っていないということであれば
教員免許を取得する必要があります。

高等学校看護科の看護教員になるための免許は
限られた大学でのみ取得することが可能です。

 

看護教員の免許を取ることが出来る大学の
3年次に編入をして2年間は学生生活を送る
ということになってきます。

現在高校教諭1種(看護)の教員免許がない
ということでしたら、ちょっとハードルが高い状態
といえますよね。

 

看護大学や看護短大の教員になりたい

kjhusaa
 

看護大学や看護短大の教員を目指すというこであれば、
まずは臨床の現場ではなく研究職に転職をする
ということになります。

看護大学や看護大学院などを卒業している。
ということであれば、次はどこかの大学や
大学院の研究室に研究者として在籍する事。

 

これが一番の近道になってきます。

研究室に在籍して研究を重ね、論文などを書き、
それを発表し続けながら教員への道を探す
ということになってきます。

 

看護大学自体が数少ないことや、
さらにポストに空きが出なければ教員になることができない
という事情があります。

看護大学や看護短大の教員は
かなり狭き道
であるといえます。

 

看護専門学校の専任教員になるには

 

やはり看護師から看護教員になるには、
一番身近になるのが看護専門学校の
専任教員になることになります。

まずは転職サイトなどを利用して専任教員の募集が
あるのかどうかをチェック
してみましょう。

 

もし、その募集条件に看護教員研修を履修していること
という項目があるのであれば、先に看護教員研修を
履修していなければならないということになります。

看護協会や大学などで行われているこの研修に参加し
修了の認定を受ける必要があります。

 

研修は11か月にわたって行われますので、
1年程度は仕事を離れて勉強をする必要があります。

学費と生活費などを準備しなければなりません。

教員募集を行っていて、採用後研修を受けさせてくれる
という看護専門学校もあります。

 

このケースでは研修に参加している間も給料が出たり、
研修費用も学校側で負担してくれることもあります。

募集要項はよくチェックをしてみる必要がありますよ。

看護学校教員の勤務時間・残業

看護学校の教員の勤務時間は?

ehwfsfsf
 

看護学校の教員ってどのくらいの時間働いているのか
ちょっと興味深いですよね。

求人情報をチェックしながら、この辺りを確認してみましょう。

 

まず宮城県仙台市にある看護専門学校の
看護専任教員の募集要項をチェックしてみると
勤務時間は8:30~17:00です。

東京都墨田区にある看護専門学校では、
8:30~16:30、9:30~17:30、14:00~21:30
学生のカリキュラムによって変わるとなっています。

 

実はこの学生のカリキュラムによってというのは
講義を行う時だけではなく、
臨床実習の指導に行く都合があるからなんです。

同じ教員でも、講義をメインに行うのか、
臨床実習の指導に行くのかによっても
かなり勤務時間に違いがある
ということが分かります。

 

残業はどう?

 

看護学校の教員になると残業はあるのでしょうか?

求人情報をチェックしてみると、
「残業はほぼありません」
「1時間程度ある場合があります」

 

といった言葉が並んでいます。

残業ってじゃあないのかな?
と思うかもしれませんね。

 

でも実際には残業ではない残業があるケース
とても多くなっています。

基本的に看護教員は定時間になれば退社できます。
でも、時間内にすべての仕事が終わるということは
とても少なくなってきます。

 

例えば、テストを作成したり、添削をする、
さらに実習記録に目を通すという作業は
丁寧に行おうとすればするほど時間がかかります。

看護学校の多くの教員は、
これらを持ち帰って行うことが多くなっています。

 

つまり、表面上は残業はないけど、
実質仕事が多く時間内では終わらないことが多いんです。

 

ある看護教員のスケジュール

oiuhwurfshj
 

では、とある看護教員の一日のスケジュールを
見せていただきましょう。

実習期間中のスケジュールになっています。
受け持ちは基礎看護技術です。

 

08:50 出勤
09:00 ミーティング
(生徒の時間割や教員の行動予定を発表し調整します)

09:30 実習先の病院に移動
09:45 実習先の病院で生徒の出席確認、実習指導
病院側の実習指導担当員との情報交換

 

11:00 プリント作成など授業の準備
12:00 昼休み

13:00 授業
13:45 授業終了

 

1コマのみの授業のため、他の教員の授業の補助
翌日以降の授業の準備

事務作業なども行う

17:00 ホームルーム
生徒の相談対応や、進路、成績についての面談は
ホームルーム終了後に行う

 

18:00 退勤

 

教員として働いてみたらどんな感じだった?

 

気になるのはこのようなスケジュールで働いている
看護教員はどんなふうに思っているのか。
という点がありますよね。

実際にこのスケジュールで働いている看護教員は

 

思っていたよりも大変な仕事です。
授業の準備など、思ったよりも時間がかかります」
と話してくれます。

実際、看護学校に通ってくる生徒さんは
年齢層も幅広く、中には子供がいる、家庭がある
という学生さんもいます。

 

その学生たちの成績相談や進路相談は
時として家庭や子供の話になってしまうこともあります。

スケジュールは余裕かなと最初は思うかもしれませんが、
決して余裕があるというわけではないんですね。