dsfjijfsd

看護教員の公募での募集について

公募って本当にあるの?

kjndjuhf
 

看護教員を看護師養成の学校が探す場合、
基本的には公募という形式をとって募集を行います。

この公募ですが、
学校内外から広く人材を募集するために行いますが、
まれに公募の形式をとっているだけ。

 

ということもあります。

インターネットで検索をしてみると、
確かに看護教員の公募は思っている以上の数があり、
自分でも応募できそうと思うものもあるかと思います。

 

ただ、この公募の全てが純然たる公募であるとは
実は限らない
んです。

とりあえずすでに候補となるべき人材は確保されている。
だけど、教員を採用するにあたっては公募という
形式が必要なので形式上公募にした。

 

というようなケースも少なくはないんです。

公募があるから求人が多いんだ。
と思うのはちょっと短絡的なんです。

 

すでに候補がいるのになぜ公募?

 

公募で看護教員を募集するのは
主に看護大学や看護短大などになってきます。

実は大学や短大は教員の採用にあたって
公平性や透明性を持たせることが必要、
ということで、文部科学省から指導があったんです。

 

そのために、たとえ候補となるべき人材がいても
公募を行うというケースが多くなります。

このようなケースでは、公募に必要な書類がとても多く、
準備をするだけでも相当数の日数が必要なのに、
公募が始まってから締め切りまでの期間が短い。

 

ということがよく見られます。

候補者には十分な時間をすでに与えている状態で、
他の応募者が準備に間に合わないような状態に
わざとしていることがあります。

 

当て馬にならないためにはどうしたらいいの?

dsfjijfsd
 

すでに候補者が決まっているようなこの手の公募は
出来レースと言われていて、正直に公募だと思って
書類を用意する人は当て馬とよく呼ばれています。

当て馬になってしまっては公募書類に費やした
時間も無駄になりますし労力も無駄になりますよね。

 

このような事が起こらないようにするには、
やはりその公募に信頼性があるのかを考える事
とても重要になってきます。

公募期間がどのくらいなのか
専門性や経験がどのくらい必要なのか

 

この二点はしっかりと考えて公募情報をチェックすることは
当て馬にならないためには大切になります。

 

教員公募独特の書類を書くときにはアドバイスを貰おう

 

看護大学や看護短大などの教員公募では、
一般的な応募書類とは異なる独特の書類が
数多く必要になります。

研究室などに在籍しているという人であれば、
担当の助教などにある程度指導してもらい
書き上げる
ことが出来るものです。

 

でも、看護師として現職にある人の場合、
この資料作りで挫折してしまうことがあります。

公募独特のこれらの書類をしっかり書き上げる
必要がありますので、書き方などについて
専門的な知識を持っている人にアドバイスをもらう。

 

このようなことはとても大切です。

看護師専門の転職支援サイトや、
看護教員に特化した転職サイトなどを利用すると、
的確なアドバイスを貰うことが出来るケースもあります。