aehfdfadf

看護教員になるには資格が必要?

看護教員になるための資格

aehfdfadf
 

看護教員として働くためには
幾つかの点で資格が必要になってきます。

実際に看護教員と言っても

 

・看護大学や看護短大で教員となる場合
・看護専門学校で専任看護教員となる場合
・高等学校の看護科の教員になる場合

と3つのケースがあります。

 

実はこの3つのケースでは、
それぞれ必要になる資格は異なってきます。

明確な資格が必要な場合と
資格自体があればいい程度の場合があります。

 

この3つのケースによって必要になる資格を
紹介して行ってみたいと思います。

 

看護大学や看護短大の教員になるための資格

 

看護大学や看護短大の教員になるためには
実は特別な資格が必要というわけではありません。

ただ、教員になるためには少なくとも

 

・5年間以上の臨床経験
・専門分野における研究成果の発表履歴
・修士以上の学位または博士以上の学位

などが必要になってきます。
ただ、看護短大の場合には修士や博士ではなく
学士の学位でも可能になるケースもあります。

 

実は看護教員の場合には、
大卒の看護師という存在が少なかったために
学士の学位でも可能というケースが多いんです。

ただ、この先は看護大学を卒業している看護師も
多くなってきています。

 

この傾向が続けば、
やはり修士や博士の学位が必要になってくると
言われています
ので注意してくださいね。

 

看護専門学校の教員になるための資格

jiejiursd
 

看護専門学校では、教員は看護専任教員と呼ばれます。
この看護専任教員になるためには
幾つかの資格があります。

・5年間以上の臨床経験
・看護教員養成課程を修了していること
・専門領域のうち1つの業務に3年以上従事していること
・大学にて教育に関する科目を4単位以上履修

 

このような資格が必ずなければならないんです。
これらの要件を満たしていることで初めて求人に
応募することが出来ます。

もともと看護教員養成課程は5年以上の
臨床経験が必要
になります。

 

看護教員養成課程を修了しているということは、
当然ですが5年以上の臨床経験があるということにも
繋がってきますよね。

 

高等学校の看護科の教員になるための資格

 

看護師を要請する学校の中では、
免許が必要になってくるのがこの高等学校の
看護科の教員です。

まず必要になってくるのは
・高等学校教諭1種免許(看護)
という教員免許になります。

 

この教員免許を取ることが出来る大学は
とても限られています。

もし高等学校の看護科の教員になりたい。
という人はこの高等学校教諭1種免許(看護)の
免許を取ることが出来る大学に通うことが必須です。

 

もちろん、看護科の教員となるためには
臨床経験も必要
になります。

最低でも5年間の臨床経験はやはり必要。
ということが言われていますよ。