mndxhjuaejf

看護教員の求人募集の上手な探し方

ハローワークで探せる?

mndxhjuaejf
求人募集の情報が集まる機関といえばハローワークを思い出すという人も多いですよね。

もともとは公共職業安定所と呼ばれていたハローワークは公の機関としては数多くの求人案件を無料で紹介してくれるとても頼もしい機関です。

 

でも、看護教員の求人募集となると、実はハローワークではあまり取り扱いがない。というのが現状になっています。

理由としては、看護教員は資格が必要な職業であり、採用にあたって必要になってくる要件がかなりあります。

 

一般の人に対しても求人情報を公開しているハローワークでは、なかなかこのような専門的な職業は求人がないことが多いんです。

確かにハローワークは求人企業側も無料で情報を公開してもらうことが出来るというメリットがある機関です。

 

でも、専門的すぎるとどうしても求職者も限られ、ハローワークで職探しをする人にはその専門性がある人が少ないために非効率的だからです。

 

新聞折り込みの求人広告はどう?

 

新聞を取っているという人は、土曜日や日曜日などになると折込に求人広告が入り、そこで求人をチェックするという人もいます。

でも、このような新聞折り込みの求人広告は掲載料もかなり高く、専門的な職業の求人をするにはかなり非効率的だと言われているんです。

 

看護教員となると新聞折り込みの求人広告で探すということは殆ど可能性がありません。

もちろん、医療関係者向けの求人広告もありますが、この場合でも看護師を探すという求人広告はあっても、看護教員の募集はほぼゼロといえます。

 

母校や勤務先の関連学校にあたってみる

wyuerhb
ケースとしては多いのが、自分の出身校である看護学校や勤務先に関連している学校の看護教員募集をチェックするという方法です。

実は看護学校の教員の場合、看護学校側が卒業生や関連病院に勤務している看護師の中から、優秀な看護師を選ぶ。

 

という方法で看護教員を採用するケースは多くなります。

ですから、逆に自分からアプローチをして看護教員の職を獲得することだって可能とは言えますよ。

 

看護師専門の転職サイトを利用する

 

看護教員の求人募集を探すときに、実は一番上手な探し方になるのは看護師専門の転職サイトになります。

この看護師専門の転職サイトは、看護師に絞った転職サイトになるために、すでにこの状態で専門的な職業の求人になります。

 

さらに条件として看護教員になりたい。
ということを相談してみると、担当者からその方法やアドバイスを受けながら一緒に職探しをすることができます。

自分ではなかなか探すことが出来ない好条件の転職先などを紹介してもらうことが出来るので、看護教員の求人についても探し出してもらえますよ。

 

ただ、看護教員はなりたい人なら誰でもなれるという職業ではありませんし、臨床から離れるというデメリットもあります。

この辺りもよく相談をしながら求人募集を探す。ということもできますので、一度相談してみてくださいね。

 

→ 求人の探し方について 詳しくはこちら